死刑執行直前の死刑囚に恩赦

【8月31日 AFP】米テキサス(Texas)州のリック・ぺリー(Rick Perry)知事は30日、薬物投与による死刑執行数時間前の死刑囚に恩赦を与え、終身刑に減刑した。この死刑囚は殺人犯ではなく、刑の執行に対して国際社会から非難が高まっていた。

 ぺリー知事は、恩赦・仮釈放委員会が減刑に6対1で賛成したことを受け、薬物が引き金となった殺人事件の共犯者として死刑宣告を受けていたケネス・フォスター(Kenneth Foster)死刑囚(30)の恩赦を、刑執行の6時間前に発表。声明で、「慎重に事件を分析した結果、フォスター死刑囚を終身刑に減刑することが適当と考えられる」と述べた。

 Foster死刑囚は、19歳だった1996年8月に、白人男性Michael LaHoodさん(25)の殺人に関与したとして、ほか黒人男性3人とともにテキサス州南部のサンアントニオ(San Antonio)で逮捕された。事件発生時は全員がマリファナを吸引していたとされ、フォスター死刑囚は3人を乗せた車を運転していた。

 恩赦が与えられなければ、日本時間31日午前8時に、同州ヒューストン(Houston)北112キロのハンツビル(Huntsville)で死刑が執行される予定だった。(c)AFP/Fanny Carrier

写真画像は、恩赦による減刑を受けたKenneth Foster元死刑囚。(資料写真、撮影時期不明)。(c)AFP/FREEKENNETH.COM


posted by 携帯記憶〜携帯電話やメディア at 11:37 | ソフトバンク・あいのり
携帯記憶トップページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。